2016/10/05 11:32:05 |

愛人を探す目的は人それぞれですが、失敗をしないようにするためにはお互いの考え方を理解し合えることを確かめて決める必要があります。人生を楽しく過ごしたい時は結婚をして子供を作ると家庭を築け、成長させるために生きがいを感じると効果が高いです。理想の相手を探す方法は学校や職場などにいればお互いのことを知るためにデートなどをすると効果的で、いなければ婚活パーティーや街コンなどに参加すると新たな出会いがあります。
愛人は破局をしないように慎重に決め、デートを繰り返して気が合うことを確かめて選ぶことが大事です。最近では新たな出会いをするきっかけをつかむために街コンや相席居酒屋などが人気で、インターネットで最新の情報を検索すると効果があります。また、もう定番化していますが、出会い系サイトなどで愛人募集をすれば相手はみつかります。異性に対する考え方は人それぞれで、結婚をしなければ孤独になる可能性が高いため愛人を探すと安心です。結婚をして夫婦で過ごす時は子供を作ると多くの出費が必要ですが、お互いの意思疎通ができることや子育てをするやりがいを感じます。
愛人を探すためにすべきことはお互いの意思疎通ができることを確かめ、メール交換やデートなどをしながら確かめることです。人生は一度きりしかないため悔いが残らないようにすることを心がけ、結婚をする際には最適な時期を選ぶ必要があります。愛人は些細なことでも気軽に相談しやすく、仕事をする時に人間関係などで困った場合にも癒やしてもらえるために作ると安心できます。

2016/10/02 15:19:02 |

私が初めて結果的にパパを作ったのは大学生の頃でした。
当時私は彼女アリの30代中盤くらいの男性と交際していました(これは付き合った後でわかった話ですが)。
彼はとにかく私を甘やかすような人で、何かにつけお金を渡してきたり高価なプレゼントを渡してきたりしました。
所謂ロリコンだった彼は、スレた彼女よりも初々しく見えている童顔の私の方が好みだったのでしょうね。
最初は私が可愛いから何でもやってくれるんだろうなと思いましたが、好意だけでこんなにも羽振りを良くしてくれる彼が好きでした。
この人とだったら長期間付き合えるだろうなと思ったことも少しあります。
しかし段々モノやカネがあるのが当たり前になってきてしまい、気づいたら彼とは愛のない関係になっていました。
彼の方は知りませんが、少なくとも私は彼に愛情を感じてはいませんでした。
毎月会うのもお金とプレゼントをもらうためで、好きな人に出会えるんだというドキドキは一切ありませんでした。
○○ちゃんは特別だと言われても特に実感がありませんでしたが、可愛く大人しくしていればどんどんお金をくれるのでその点はありがたかったです。
私は親から毎月数万円小遣いを貰っていたので、金銭的に困ったことはありませんでした。
しかし男性から甘やかされるのはとても気持ちがよかったし、一時のデートも非日常な感じがして面白みがありました。
この時の私は、思えば男性の温かさに飢えていたのでしょう。
しつこく付きまとわずに愛も強要せず、お金をくれる上に暇潰もしてくれる。
そんな都合のいい彼はパパとしては好きでした。

2016/10/01 19:31:01 |

男性は一人暮らしをしていても過度にさみしいと思うことはあまりないです。恋人のいない生活でもどこか「気楽で良いや」と思いますし、恋に恋するのも10代か20代前半くらいまでです。ですが、女性の場合はちょっと考え方が違います。一人暮らしで強く生きる女性ももちろん大勢いますが、それと同じくらい男性を頼りにしたい、ベッタリしていたいという甘え願望を持っている女性もいます。そして、それは相手がお気に入りの男性であれば、既婚かどうかはあまり問題ではありません。その結果、気持ちに身を任せて愛人という存在にいつの間にかなっていたりします。女性は積極的に愛人にになっただわけではなくて、流れに任せていたらそうなったということが多いです。それなら誰かの責任ということにはなりにくく、愛人という立場に対しての罪悪感もそれほどありません。

 

そして、愛人の立場は意外と居心地良く感じられます。両方が本気にさえならなければ相手方に離婚を迫るというトラブルにはならないですし、それでいて大事にされている感覚は得られるのでとても満足できます。また、愛人になる相手は、おおむね経済力があって大人の男性です。ですから女性の扱いにはとても慣れていますし、それに慣れてしまうとますます野暮ったい独身男性には魅力を感じなくなってしまいます。それが良くないことだと女性も頭では理解しているのかもしれませんが、だからといってその立場を簡単には放棄できないので関係がズルズルと続いてしまうのです。

2016/09/29 15:03:29 |

愛人になったことがあります。最初は軽い気持ちで楽しそうだから・・と思って愛人になりました。お店のお客さんの一人で、会話がとても面白くお金を持っている社長さんから、個人的に誘われて会うようになり、何度かデートをしている時に、「俺の愛人にならないか」と言われたんです。

 

「愛人って何?」と聞くと、マンションのお金を払ってくれたり、好きなものを買ってくれたりなど良いことがいっぱいなので、月に2〜3回会うだけですし、なってみようと思いました。この時彼に対して恋愛感情はほとんどありませんでした。贅沢ができる・・と思って愛人になったんです。

 

でも彼の愛人になってから、彼が他にも愛人がいるようなので、それがとても気になるようになりました。彼のことがどんどん好きになり、束縛したいと思うようになってしまったんです。彼は愛人が複数いて、それに我慢できないなら別れようとあっさり言いました。とても悲しかったです。

 

私は愛人に向かないなと思いました。愛人になれる女性はパパに本気になってはいけないんですよね。ずっと軽い気持ちでお付き合いができるなら、パパと愛人関係が続くんだなって勉強になりました。その後、パパから別れようと言われてちょっとすがってしまいました。みじめでした。

 

また愛人になって贅沢な暮らしをしたいなと思ったのですが、本気で好きになったら同じ繰り返しになるので、やめようと思いました。愛人を長く続けることができる女性って尊敬します。