不動産屋さんに相談して土地売却査定してもらい買い取り価格を決めてました

親が亡くなり相続が発生したのですが一番の問題となったのは親が住んでいた家に関してでした。
私は既に別に家を構えておりその家に住む必要はありませんでしたし、何より面倒なことにはその家の土地が借地権付きの土地であったという事です。
初めは親の希望もあったので処分しない方向で考えようと思い地代は払い続けていたのですが、借地権の契約の更新が近づきこの先どうするか決定しなくてはならなくなりました。
このまま借地権を更新をしてもまとまった額の更新料と毎月の地代を払い続けたうえ又いづれ更新しなければならない、それならばそれなりの金額で買い取ってしまったほうが良いのではないかとも思いました。
しかし買い取り価格が一体いくら程になるかもわかりませんし、又そうなると買い取った後どうするかという問題にもなります。
そのままの状態では少し住みにくい間取りなのでいっそアパートにでも建て替えて人に貸すことも考えましたが土地を買い取るだけでもおそらく借り入れを考えなければならない私にはそんなにお金の余裕はありません。
色々と悩んだ末に結局地主さんに買い取ってもらうことに決めました。
以前からお世話になっていた不動産屋さんに相談して土地売却査定してもらい買い取り価格を決めていきました。
地主さんからは建物を壊して更地にして欲しいと言う条件でしたので解体業者何件かに見積もりをしてもらい安く引き受けてくれる業者を探しました。
これもたまたま知り合いのつてで良心的な業者に巡り合えたのでラッキーでした。
何もない状態ではどうして良いかわからず途方に暮れていたかも知れません。
その後解体に伴う荷物の運び出しもなかなか大変な作業となり、地主さんに相談を始めてから全てが終わり売買契約の成立となるまで4カ月程かかりました。
残してくれた土地と建物を親の希望通り手元に残しておくことはできませんでしたが、仕方ないと親も許してくれていると思います。

 

《お役立ちサイト》

土地売却で損をしない方法とは?賢く売る方法をお伝えします